女の人

ストレスも解消される

先生

薬に頼らない治療

鬱病を治すにも、精神科・心療内科などの診療科にて治療を受け、社会復帰や回復を目指すものですが、薬物療法で改善しない鬱状態から順調に回復できる治療法も受けられます。マインドフルネスが一例で、ストレス緩和プログラムとして専門医が支援しますが、鬱のみならず、不安障害や痛み、また、一般的なストレスにも効果ありの報告がされています。特に、マインドフルネス認知療法は、鬱病の再発予防にも効果があることが明らかになっているほどで、気分の落ち込み、不安の解消には非常に有効な方法です。過労などから発症し、抑うつ症状を訴えるメランコリー型鬱病では、自動思考に陥らないようにカウンセリングで、主に腹式呼吸法が指導されます。リラックスの脳波が増え、精神の安定や脳の活性化などの効果があり、いつでもどこでもできるために、マスターしておくべき療法です。鬱の完治までには、通常、最低半年の薬の服用や副作用のリスクが懸念されますが、同じように、半年間の自己洞察瞑想療法を続けることで、薬に頼らず完治するケースもあります。メランコリー型であれば、非定型鬱病のような拒絶過敏性の反応もなく、呼吸法などのプログラムで順調に回復できる利点が挙げられています。鬱病を他の病気と捉え、治療が遅れた鬱病に対し、マインドフルネスの呼吸法の実践で回復が見えることも魅力です。たとえ効果的な薬物療法を開始しても、半信半疑の思考では効果は半減してしまいますが、意志作用を活発化するこの心理療法が効力を発揮し、治癒に繋がります。また、最近の傾向として、非定型鬱病に悩み、精神診療科を受診する人は増加傾向ですが、身体症状が目立つため、薬の乱用も懸念されます。こうした場合にも、マインドフルネスが効果的で、鬱病の精神症状が改善されることで、痛みや下痢などの身体症状も軽くなり、医師の指示によって減薬が開始できます。もともと不安過敏の人がストレスを強く受けると、非定型鬱病にかかりやすいため、不快なことを受容するスキルが向上し、治癒に繋がります。抗うつ剤に頼り過ぎないため、時間を要しますが、その分だけ、再発防止に繋がる点で社会人から支援が求められています。このように、症状の悪化を防ぐための診療科を受診する目的から、再発防止のため治療が始められます。加えて、社会復帰と断薬までが期待できる上、瞑想療法にはこれからの課題と言える心のトレーニングまでがプログラムに盛り込まれ、完治が目指せる内容です。