技術が確かな国分建設に依頼してマイホームを完成させよう

ローコスト化を図る

一軒家

力点を決めて予算配分

ローコストで鎌倉にマイホームを建てたいと思っても、安かろう悪かろうでは満足のいく理想の一戸建てはできません。費用を抑える要素は一戸建ての各部分にありますが、コストダウンの基本は自分にとってのムダを省く作業です。まずは家族が理想としている鎌倉での暮らしを十分確認しておきましょう。そしてベースとしての住空間はシンプルにしておくという発想も必要です。家電やインテリアなどの可動的な部分は、建築後に既製品を使って充実させていくこともできます。最初からあまりデザインに凝ってもすぐ飽きてしまうかもしれません。また、家族構成は変化していくものです。長い目で見て確定させたほうが有利なものと、可変性を持たせた方が有利なものを判断することも大事です。設備関係は高機能化が進み、あれば便利なものが多いのも事実です。自分にとって本当に必要な物をきちんと見極めることが求められます。一戸建ての住まいに必要な機能は、住む人それぞれで違うはずです。例えば寒がりなので床暖房は必ず入れたいとか、趣味の音楽室には防音性能が必要だとか、周囲の環境によって窓を開けられないので換気システムは欠かせないとか、お金をかける部分にはしっかり予算を割くことで、鎌倉に納得のいく一戸建てができます。建材類は、品質や機能だけでなくデザインでも価格が変わるものが多いので、自分が使える予算に応じてグレードの取捨選択を行います。細かい部分の検討に入る前に、鎌倉の住まいの力点と総予算をしっかりと頭に入れておきましょう。